HU042_L

女性の加齢臭

女性は閉経後から加齢臭が出やすい

加齢臭っていやなことばですが、男性に限らず女性にも起こります。
加齢臭の正体は、若い人にはみられない「ノネナール」という成分で、男性は40歳前後から、女性は閉経後に増加してにおいを発生させます。

年を重ねると皮脂腺中の脂肪酸と過酸化脂質が増加。この過酸化脂質と皮脂が結合することによって脂肪酸が連続的に酸化、分解され、ノネナールができると考えられています。
耳の後ろや頭皮、首の後ろ、顔のTゾーンなどから発生することが多く、汗として汗腺からでることもあります。

加齢臭は、自然現象でだれにでもあるものなので気にし過ぎることはありません。
においに神経質になり過ぎてストレスをためるとノネナールが増加し、かえってにおいが強くなるケースもあります。
生活習慣を改善することで、においをおさえることができるので生活習慣の見直しからはじめましょう。



キーワード