臭いの原因

夏になると気になる”臭い”ですが、そもそもなぜ臭うのでしょうか?
その原因を知ることが臭い解決への第一歩だといえます。

まず、臭いの原因は主に「汗」「食事」「病気」の3つにわけることができます。

汗は分かりやすいですね。
夏に汗をかくと、汗をかいた部分は特に臭くなります。
といっても汗自体が臭いのではなく、汗が皮脂と混ざることによって雑菌が繁殖して臭いが発生します。

だから、夏はワキに制汗スプレーをつけるというわけです。
汗をおさえることで臭いが軽減しますからね。

そのほかには、脱毛も効果的です。
毛自体がなくなれば蒸れにくくなり、臭いも軽減することができます。

一度永久脱毛してしまえば再び毛が生えてくることはないので、一度毛を剃ってみて臭いが軽減されたと感じれば脱毛を考えてみるといいでしょう。

食べ物は原因なことも

食事などが臭いの原因になることもあるようです。

食事で言えば、欧米化した食生活では動物性たんぱく質や脂肪を多く含む肉類が多くなってしまうので、皮脂腺から分泌する皮脂量が増えてしまいます。
分泌される皮脂の量が増えると、その分酸化する皮脂も増えますから、体臭が発生するというわけです。

引用:もてる男の肌つくり:体臭の原因

偏った食生活や、ポテトチップス・ファストフードの食べすぎには注意が必要です。

ストレスや病気

ストレスを感じると男性ホルモンが増加し、皮脂の量がふえてしまうので、体臭の原因になることがあります。
さらに病気で糖尿病になると、甘酸っぱい臭いがするようになるので、健康には十分気を使っておきましょう。



キーワード