いい汗の体の効果

じっくりかくいい汗には、美肌効果もあります。
いい汗をかくと、いい皮脂が出ます。その皮脂成分が皮膚をしっとりさせ、ウイルスを防ぐバリアにもなるのです。
いい汗は、天然の化粧水になり、すべすべの美肌効果が期待できるというわけです。

またいい汗をかける体は新陳代謝も活発で、ホルモンの分泌を盛んにし、アンチエイジングへとつながります。
さらに精神安定作用、免疫力アップも期待できるなどいいことずくめなのです。

いい汗をかけるかどうか、自分の汗腺が働いているかどうかチェックしましょう。
42~43度の熱めのお湯を少なめにはったバスタブに椅子を入れ少し前かがみに座りましょう。
両手と両足の膝から下だけを入れて10~15分浸かります。
これで汗が出た人は、汗腺が活発に機能しているのでいい汗がかける体質です。

なかなか汗をかけない人は、2週間つづけると汗腺のトレーニングになります。
さらに、1日20分程度のウォーキングも、汗腺トレーニングになりますよ。
いい汗をかくことはニオイ対策にもなります。



キーワード