いい汗と悪い汗

汗の成分は、99%以上が水分。残りは塩分とミネラルや乳酸などの老廃物。
私たちの汗腺は、汗の原料となる成分を血液からくみ取り、その後体に大切なミネラルなどを血管に戻すという、複雑な働きをしています。
子の大切な成分を血管に戻すことができた汗がサラサラした小粒の「いい汗」。
小粒ですから皮膚面で蒸発しやすく効率的に体温調整ができます。

逆に戻せなくなった汗は濃度が高くねばねばした「悪い汗」になります。
汗といっしょにミネラルなども流れてしまい、蒸発にも時間がかかります。
そのため汗臭くなるのです。

人間の脳細胞は、高温に弱いのが特徴。
そのため汗をかくのは、大切な脳を守るためでもあります。
体に熱がこもって熱中症が重症になると、意識障害を起こすことは、脳が熱に弱いことを物語っています。
いい汗をしっかりかくことが、熱中症対策の重要なポイントになるのです。



キーワード